すり足


 剣道の足捌きの基本は「すり足」であるといわれます、「すり足」の原理を理解して実践して見ましょう。
「すり足」こそ常歩剣道の基礎となります。「すり足」は多くの方が送りだされる足が床から上がらずに歩む方法であると理解しています。これも、間違いではありません。しかし、「すり足」にも色々な方法があります。能の「すり足」は送りさされる足のつま先が上がります。剣道の「すり足」とはかなり異なります。

 しかし、共通しているのは着地足の働きです。着地足の踵に最後まで体重がかかるような感覚で歩きます。踵から足裏のアウトエッジ(外側)が床に接地するような感じです。左右の膝を上手く抜いて前方に送ります。この歩き方を、道場で十分に稽古する必要があります。

 素足で稽古することが大切です。上肢(腕)はだらりと下げて振らないほうがいいと思います。スムーズな足捌きになるまで毎日稽古しましょう。この「すり足」が常歩歩行の基礎となります。