自己紹介

木寺 英史 (きでら えいし)

久留米工業高等専門学校 一般文科 准教授


1958 熊本県生まれ
1973 東京都小平市立小平第三中学校卒業
1976 東京都私立早稲田実業学校高等部卒業
1982 筑波大学体育専門学群卒業
     福岡県八女郡広川町立広川中学校教諭
1987 福岡県八女郡上陽町立北川内中学校教諭
1990 国立久留米工業高等専門学校講師
1993 同助教授
2007 同准教授
2009 独立行政法人国立専門学校機構
       奈良工業専門学校准教授


(非常勤講師)
1990     国立八代工業高等専門学校非常勤講師(体育実技)
1994〜96 九州産業大学非常勤講師(体育実技)

998〜99 佐賀大学非常勤講師(一般体育・実技)
2001〜03 国立北九州工業高等専門学校非常勤講師(体育実技・保健)
2005〜   久留米大学非常勤講師(講義・スポーツ文化概論)
         久留米大学大学院比較文化研究科非常勤講師(
身体動作論特講)          

(所属学会・研究会)
  日本武道学会 身体運動文化学会 日本体力医学会 常歩研究会

(その他)
 剣道 教士七段

(主な競技歴)
 全国高等学校総合体育大会剣道競技大会出場
 関東高等学校剣道競技会優勝
 国民体育大会出場
 全日本大学剣道優勝大会準優勝(団体)
 全国教職員剣道大会出場             など
 

研究実績等

(著書)
○「本当のナンバ常歩」(スキージャーナル社・2004年2月)(単著)
○「サッカープレイ革命」(カンゼン・2005年7月)(監修・五味幹男著)
○「進化するナンバ実践常歩剣道(MCプレス・2006年4月)(単著)
○「剣士なら知っておきたいからだのこと」(大修館書店・2006年5月)(小田と共著)
○「スポーツの百科事典」(丸善出版・2007年1月)(分担執筆)
○「常歩式スポーツ上達法」(スキージャーナル社・2007年5月)(共著)
○「サッカートレーニング革命」(カンゼン・2007年6月)(監修・五味幹男著)

(雑誌執筆・掲載)

○「現代剣道技術論序説 −しない打ち剣道の技術特性について−」
                         (月刊「剣道日本」1997、8月号)
○「現代剣道の技術特性とは何か −芸術的結果技術論概説−」
                         (月刊「剣道日本」1998、3月号)
○「常歩で行う剣道」(月刊「剣道日本」2003、6月号)
○「本当のナンバ常歩で行う剣道」(月刊「剣道日本」2004、2月号)
○「常歩研究最前線・末續慎吾の快走で話題となった「ナンバ走り」の謎を解く」
  (『古の武術を知れば動きが変わるカラダが変わる』MCプレス・2004、3月)
○「進化した現代のナンバ『常歩』」
          (『「ナンバ」歩きで驚異のカラダ革命』立風書房・2004年6月)

○「一流スポーツ選手に見る常歩の秘密」
          (「決定版ナンバ歩きで身体改造」学習研究社・2004年12月)
○『「二軸走法」を体得せよ!〜常歩研究会の提言〜』
         (「新「走る革命」突然、足が速くなる!V0l.3」 MCプレス・2006年5)
○「ナンバ走りを感じ、考える」(「体育科教育」 大修館書店・2007年6月号

(論文)
○「剣道における「基本」という用語に関する研究」
           (久留米工業高等専門学校紀要第7巻第2号、1992)
○「現代剣道技術論序説 −しない打ち剣道の技術特性について−」
           (久留米工業高等専門学校紀要第9巻第2号、1994)

           (月刊「剣道日本」1997、8月号)
○「現代剣道の理念に関する研究」
           (久留米工業高等専門学校紀要第11巻第2号、1996)
○「現代剣道の技術特性(1)−歴史的特性区分の試み−」
           (久留米工業高等専門学校紀要第12巻第1号、1996)
○「現代剣道の技術特性(2)−芸術的結果技術の「構築−」
           (久留米工業高等専門学校紀要第12巻第2号、1997)
○「近代剣道における剣道理念の多様化
      ー脱刀令・廃刀令が剣道に与えた影響についてー」
           (久留米工業高等専門学校紀要第13巻第1号、1997)
○「久留米高専学生の形態・体力の変化」
           (久留米工業高等専門学校紀要第13巻第1号、1997)
○「剣道段位称号論ー現代剣道における「段位・称号制」の課題とその機能ー」
           (久留米工業高等専門学校紀要第13巻第2号、1998)
○「剣道人間形成論(1)−現代剣道の人間形成的課題について−」
           (久留米工業高等専門学校紀要第14巻第1号、1998)
○「剣道人間形成論(2)
           −技術的要素と「道徳的精神性および行動規範について−」
           (久留米工業高等専門学校紀要第14巻第2号、1999)
○「剣道における打突動作ー森田理論の考察ー」
           (久留米工業高等専門学校紀要第15巻第1号、1999)
○「剣道「基本」用語論(1)−「基本」用語研究に関する課題−
           (久留米工業高等専門学校紀要第15巻第2号、2000)
○「剣道における打突動作ー「対角線活動」と「ナンバ」ー」
           (久留米工業高等専門学校紀要第16巻第2号、2001)
○「剣道競技者に対する指導者の評価基準調査」
        (久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要、2005 共著)
○「二軸動作」研究の方向性
        (久留米工業高等専門学校紀要第22巻第1号、2007)
○「剣道非実践者が抱く剣道観に関する一考察
  −剣道を実践している児童・生徒の保護者と剣道を実践していない児童・生徒の保護者の比較ー」
        (久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要、2007 共著)

(発表、講演など)
○「体幹を捻らない歩行と捻る歩行のバイオメカにクス分析」
               (発表・日本体力医学会、2003)
○「二軸動作(常歩)−合理的身体操作の習得−」
               (講習・第19回フィットネスセッション、2005)

○「高齢者のためのウォーキング」
            (講演・(財)体力つくり指導協会・高齢者支援士講習会講師、2006)
○「常歩(なみあし)でパフォーマンスを変える」
               (講演・宮崎市民スポーツ大学講師、2006)
○「ホッピングの動作特性について」
              (発表・身体運動文化学会、2006)
○「錯覚〜二軸動作の実際」
              (講習・山口県バレーボールフェスタ講師、2007)
○「二軸動作とは」・「剣道の動きを見直そう」
              (新潟県高体連剣道部剣道指導者講習会・2007)